ページ本文
印刷用ページ

村県民税の概要

村県民税とは

1月1日現在、東通村内に住所を有する方で、前年中(1月から12月まで)に所得のあった方に村民税と県民税を合わせて納付していただく税金です。 
個人の村民税・県民税を合わせて個人住民税とよばれています。 
また、1月1日現在、村内に住所がある方は、住民税の申告を3月15日までにしていただく必要があります。

村県民税のかかる方(納税義務者)

区分 納める村県民税
東通村内に住所があり、前年中に一定以上の所得があった方 均等割+所得割
東通村内に住所はないが、村内に事務所・事業所又は家屋敷がある方 均等割
※1.村内に住所・事務所などを有するかどうかは、その年の1月1日(賦課期日)現在の状況で判断します。
※2.事務所、事業所とは事業を行う為の施設があり、そこで継続して事業を営まれる場所が該当します。(自己所有は問いません。)例) 医師、弁護士、税理士等の方が住宅以外に設ける診療所・事務所又は、その他事業を営む方が住宅以外に設ける店舗・事務所
※3.家屋敷とは、自己又は家族の居住する目的で住所地以外の場所に設けられた独立性のある住宅とされています。また、家屋敷は、常に居住できる状態にあるものであれば、現実に居住している必要はありません。

村県民税のかからない方

区分 内容
均等割も所得割もかからない方 ◆生活保護法の規定による生活扶助を受けている方
◆障害者・未成年者・寡婦(夫)で、前年中の所得が125万円以下であった方
◆前年中の合計所得金額が次の金額以下の方
扶養親族がいない場合 28万円
扶養親族がいる場合 28万円×(本人+扶養家族の人数)+16万8千円
所得割のかからない方 ◆前年中の合計所得金額が次の金額以下の方
扶養親族がいない場合 35万円
扶養親族がいる場合 35万円×(本人+扶養家族の人数)+32万円
*合計所得金額…損失の繰越控除前の総所得金額等
*総所得金額等…総所得金額、山林所得金額、土地建物・株式等の譲渡所得金額などの合計額

税額の計算方法

個人住民税には、税金を負担する能力のある方が同じ金額を負担する「均等割」、所得の金額に応じて負担する「所得割」があります。 税額の計算は皆さんから提出していただいた「村民税」の申告書や会社から提出された「給与支払報告書」、「所得税の確定申告書」に基づいて所得から各種控除(扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除など)を控除した後の所得(課税所得)に税率を乗じて算出します。

均等割

   ・村民税(年額) 3,000円
   ・県民税(年額) 1,000円

所得割

   ・村民税 6%
   ・県民税 4%

税額計算

   ・課税所得金額×税率=所得割額
     ※課税所得金額とは所得金額から各種所得控除額を差し引いたもの
   ・年税額=所得割額+均等割額

村県民税の納付方法

村県民税は給与所得者、給与所得以外の人(事業を営んでいる人)と公的年金を受給されている人などで納税方法が異なります。 

普通徴収

送付した納税通知書により、年4回(6月、8月、10月、12月)に分けて納税者が直接納付する方法です。普通徴収については、以下のページをご覧ください。

特別徴収(給与からの天引き)

勤務先で毎年6月から翌年の5月まで、12回に分けて毎月の給与の支払いの際に給与から天引きされ、給与支払者が納入する方法です。給与からの特別徴収については、以下のページをご覧ください。

年金特徴(年金からの天引き)

65歳以上の方で前年中の年金所得に係る個人住民税額を公的年金から天引きさせていただく制度で、平成21年10月より制度が開始されました。
   
今年度より公的年金から特別徴収の対象となる方は10月の年金支給分からとなります。
そのため、6月及び8月は、普通徴収(納付書で直接納付する方法)により納めていただくことになります。

昨年度より公的年金からの特別徴収となっていた方は2月の年金支給時に天引きされた額と同額を4月・6月・8月に天引き(仮徴収)させていただきます。 公的年金に係る特別徴収については、以下のページをご覧ください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

   

本ページに関するお問い合わせ先

税務住民課税政グループ
所在地:〒039-4292 青森県下北郡東通村大字砂子又字沢内5番地34 [アクセス
電話番号:0175-27-2111
Fax番号:0175-27-2130
メールアドレス:zeimu@vill.higashidoori.lg.jp