ページ本文
印刷用ページ

介護保険料のご案内

65歳以上の被保険者(第1号被保険者)のみなさまへ

介護保険制度は、介護が必要になった方が安心して自立した生活を送れるように、社会全体で支えていく制度です。
ひとりひとりの保険料は介護保険の大切な財源です。
みなさまのご理解とご協力をお願いします。

65歳以上の方の介護保険料

65歳になると介護保険被保険者証が交付され第1号被保険者となり、介護保険料は被保険者ごとに村に納めます。(被扶養者も保険料を納めます)
65歳になった日(誕生日の前日)の属する月の分から保険料を納めていただきます(1日生まれの方は前月分からとなります)。
年度途中で65歳になった方は医療保険の介護分と重複しないように月割りで保険料が計算されます。

第1号被保険者の保険料はこうして決まります

保険料の基準額は、平成24~26年度の3年間における介護保険サービスに必要な費用(介護給付費)などの見込みのうち、第1号被保険者の保険料でまかなう分を3年間の第1号被保険者の見込み数で割って算出します。
保険料は介護保険事業計画に基づき3年ごとに見直されます。この計画は介護保険事業の円滑な実施のため、サービス量の見込みやサービスの円滑な提供を図るための事業などについて定めるものであり、保険料の算定基礎となるものです。

介護保険料の納め方

納付方法は「普通徴収」と「特別徴収」の2種類があり、納付方法は自分で選択することはできません。
区分 方法 対象者
普通徴収 納付書 ・老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金の受給が年額18万円未満の方
・年度途中で65歳になった方
・年度途中で東通村に転入した方
・年度途中で介護保険料の金額が変更になった方
・現況届けの見届(遅延)で年金が一時差止めになった方
特別徴収 年金から
天引き
・老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金の受給が年額18万円以上の方

65歳以上の方(第1号被保険者)の平成24年度の介護保険料はこうなります

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料は、本人や世帯の所得状況に応じて下記のように6つの段階区分になっています。
区分 対象者 負担割合 保険料年額
第1段階 生活保護または老齢福祉年金受給者で世帯全員が村民税非課税の場合 基準額の
50%
25,200円
第2段階 世帯全員が村民税非課税で、合計所得金額+課税年金収入金額が80万円以下である場合 基準額の
75%
37,800円
第3段階 世帯全員が村民税非課税で第2段階に該当しない場合(80万円超等) 基準額の
85.7%
43,200円
第4段階 (1) 村民税課税世帯でご本人が村民税非課税かつ、合計所得金額+課税年金収入金額が80万円以下の場合 基準額の
100%
50,400円
(2) (1)を除く第4段階該当者
第5段階 ご本人が村民税課税で合計所得金額が200万円未満の場合 基準額の
125%
63,000円
第6段階 ご本人が村民税課税で合計所得金額が200万円以上の場合 基準額の
150%
75,600円
※保険料は所得段階ごとに異なります。

平成24年度介護保険料の徴収時期について

平成24年度介護保険料の徴収時期

※支払った介護保険料については、税の申告や年末調整のときに、社会保険料控除の対象となります。

○お問い合わせ先○
東通村税務住民課 介護保険係 0175-27-2111(代表)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

   

本ページに関するお問い合わせ先

税務住民課国民健康保険グループ
所在地:〒039-4292 青森県下北郡東通村大字砂子又字沢内5番地34 [アクセス
電話番号:0175-27-2111
Fax番号:0175-27-2299
メールアドレス:zeimu-kokuho@vill.higashidoori.lg.jp