○東通村消防団員等災害見舞金交付規程

昭和45年3月18日

規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、消防団員等が村内の水火災等において出動し、その職務を遂行するため負傷し、又は重度心身障害となった場合においては、この規程により見舞金を交付する。

(用語の意義)

第2条 この規程において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 消防団員等とは、消防団員、消防吏員(役場職員を含む。)、消防作業従事者及び水防作業従事者をいう。

(2) 水火災等とは、火災、風水害、警戒(訓練及び消防機械等の整備点検を含む。以下同じ。)、水難救助をいう。

(対象者)

第3条 見舞金交付の対象者は、次の各号に掲げる者で、入院又は通院加療を要するものであること。

(1) 公務により負傷し、又は重度心身障害となった消防団員等であること。

(2) 応援協定により派遣された消防団員等で公務により負傷し、又は重度心身障害となった者であること。

(見舞金の交付)

第4条 見舞金は、負傷の程度により別表に定める区分により村長が交付する。

(交付の制限)

第5条 この規程による見舞金は、次の各号に掲げる者には交付しない。

(1) 消防賞じゅつ金を受けることができる者

(2) その他見舞金を交付することが不適当であると認められる者

(委任事項)

第6条 この規程の施行に関し、必要な事項は、村長が別に定めることができる。

附 則

この規程は、昭和45年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

負傷、心身障害の程度

金額

備考

(1) 全治6箇月以上のもの

50,000円

 

(2) 全治3箇月以上6箇月未満のもの

20,000円~30,000円

 

(3) 全治1箇月以上3箇月未満のもの

10,000円~20,000円

 

(4) 全治10日以上1箇月未満のもの

3,000円~10,000円

 

(5) 全治5日以上10日未満のもの

2,000円~3,000円

 

東通村消防団員等災害見舞金交付規程

昭和45年3月18日 規程第1号

(昭和45年3月18日施行)

体系情報
第12編
沿革情報
昭和45年3月18日 規程第1号