ページ本文
印刷用ページ

子どもの予防接種

感染症から子ども(自分のこどもはもちろん、まわりの子どもたちも)を守るために、予防接種は非常に効果の高い手段の一つです。子どもたちの健康を守るために予防接種の効果と副反応をよく理解し、予防接種を受けましょう。

定期予防接種

各種予防接種は集団接種および、医療機関での個別接種で接種できます。 個別接種の場合は、接種希望日1~2週間前に医療機関へ予約して接種を進めてください。

■集団接種…対象者には個別にお知らせします。

 
種類 対象者 回数 接種間隔
日本脳炎 1期初回 生後6~90か月
(追加は初回接種後概ね1年おく)
2回 6日から28日までの間隔で2回
1期追加 1回  
2期* 9歳以上13歳未満の者 1回  
DT(2種混合) 11歳以上13歳未満の者(小学6年生) 1回  
麻しん風しん(MR)1期 小学校就学前の1年間(年長児) 1回  
*日本脳炎2期については、個別接種を進めています。

日本脳炎予防接種についての詳細はこちらをご覧ください。

■個別接種…医療機関にて接種できます。

種類 対象者 回数 接種間隔
ヒブ 生後2か月~5歳未満 4回
(年齢によって接種回数が異なります)
27日以上の間隔をおいて3回接種し、追加で1回接種
小児肺炎球菌 生後2か月~5歳未満 4回
(年齢によって接種回数が異なります)
27日以上の間隔をおいて3回接種し、追加で1回接種
BCG 生後5~8か月未満 1回  
4種混合・3種混合
・ジフテリア
・百日せき
・破傷風
・不活化ポリオ
1期初回 生後3~90か月未満
(追加は初回終了後、6か月以上の間隔をおく)
3回 20~56日までの間隔をおいて3回
1期追加 1回  
麻しん風しん(MR)
1期・2期
1期 生後12~24か月未満 1回  
2期 5歳以上7歳未満(年長児) 1回  

集団予防接種で接種できなかった場合は、個別接種で接種可能です。

■指定医療機関

指定医療機関 電話番号
東通村診療所 28-5111
ちば小児科アレルギー科クリニック 33-8001
どんぐりこどもクリニック 24-5656
菊池医院 24-1276

■日本脳炎予防接種について

平成7~18年に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分になっています。
日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、積極的勧奨の差し控えが行われてきました。
その後新たなワクチンが開発され、通常通りの接種が再開されています。
このため、平成7~18年度に生まれた方は、母子手帳などをご確認いただくとともに、今後、村からのご案内に沿って、接種を受けていただくようお願いいたします。。
なお、生まれた年ごとの、具体的な影響と対応については、こちらをご覧ください。

定期予防接種広域化制度

「予防接種の広域化制度」により、次の対象者の方は、村の指定医療機関以外の青森県内の医療機関でも定期の予防接種を受けることができます。

■対象者

 (1)やむを得ない事情により接種機会を逃した方
 (2)里帰り出産などのため実家などで予防接種を希望する方
 (3)接種要注意者(基礎疾患を有する者等)でかかりつけ医がいる方

■対象となる予防接種

ヒブ、小児肺炎球菌、4種混合、3種混合(DPT)、DT(2種混合)、不活化ポリオ、麻しん風しん、日本脳炎、BCG、子宮頸がんワクチン

■必要な手続き

(1)希望する医療機関に電話等で予約をしてください。
(2)予診票右上に「広域化」と朱書きしてください。
(3)予約日に、希望する医療機関で予防接種を受けてください。

■子宮頸がん予防接種について

現在、子宮頸がん予防接種は積極的接種勧奨を差し控えております。
副反応やリスク等を理解した上で、接種を希望される方は、いきいき健康推進課までご相談ください。

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

   

本ページに関するお問い合わせ先

いきいき健康推進課健康ふれあいグループ
所在地:〒039-4222 青森県下北郡東通村砂子又里17-2 [アクセス
電話番号:0175-28-5800
Fax番号:0175-48-2510