ページ本文
印刷用ページ

定住自立圏構想

 我が国は、今後、総人口の減少及び少子化・高齢化の進行が見込まれ、特に地方においては、大幅な人口減少と急速な少子化・高齢化が見込まれています。
 定住自立圏構想は、地方圏で安心して暮らせる地域を各地に形成し、地方圏から三大都市圏への人口流出を食い止めるとともに、地方圏への人の流れを創出するために、総務省が全国的に推進している施策です。
 人口5万人程度以上などの条件を満たす「中心市」と中心地と密接な関係を有する「近隣市町村」が、農林水産業、自然環境、歴史、文化など、それぞれの魅力を活用して、相互に役割分担し、連携・協力することにより、暮らしに必要な生活機能を確保し、地方圏への人口定住を促進し、圏域の活性化を図るための新たな広域連携の取り組みです。

定住自立圏のイメージ

定住自立圏構想推進要綱の概要

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

   

本ページに関するお問い合わせ先

経営企画課地域戦略グループ
所在地:〒039-4292 青森県下北郡東通村大字砂子又字沢内5番地34 [アクセス
電話番号:0175-27-2111
Fax番号:0175-27-2130
メールアドレス:kikaku@vill.higashidoori.lg.jp